ギフテッド【感想】7歳の女の子が教えてくれた本当の幸せ

こんにちは!asamiです。

最近スマホで「どうぶつの森 ポケットキャンプ」にハマってしまいまして、木のような物があると揺すって何かが落ちてこないかと思ってしまう毎日を過ごしております・・・。笑 お友達募集中。←

さて!どうぶつの森にハマっている中でも、映画館にも行っておりますよ。今日は、先日見に行ってきたこちらの映画のご紹介。

 

 

予告動画

 

 

あらすじ

 

フロリダで暮らしているフランク(クリス・エヴァンス)は、訳があって亡くなってしまったフランクの姉ダイアンの娘である7歳のメアリー(マッケナ・グレイス)と片目がない猫フレッドと暮らしていた。メアリーには生まれながらにして数学の天才的な才能があったが、ダイアンの遺志に従って普通の学校に通わせることにしたフランク。
しかし、ある日突然ずっと会っていなかったフランクの母親イブリン(リンゼイ・ダンカン)が現れる。メアリーの天才的な才能を生かしたいと親権を奪おうとするが、姉の思いを貫こうとするフランクはとても複雑な気持ちでいた。果たしてメアリーにとって幸せな人生とは・・・?

 

主な登場人物

フランク

メアリーの叔父で、訳ありで男手一つでメアリーを育ててきた。
フロリダの海辺の町でボートの修理をして生計を立てている。どこか影があるような雰囲気を持っており、金曜日の夜にはバーによく出没している。
演じたのはクリス・エヴァンス。自分は見たことがないですが、キャプテン・アメリカの人です。ヒゲ生やしてるから最初見た時わからなかった。笑

 

メアリー

フランクの姉、ダイアンの娘。
生まれつき数学の天才的な才能を持っている。どんな問題でも簡単に解いてしまうため、小学校では物足りない。ちょっと生意気で大人びた性格をしているので、友達もなかなかできずフランクを心配させている。
演じたのはマッケナ・グレイスちゃん。もうめちゃくちゃキュートでした!生意気だけれどめちゃくちゃ可愛いの!この子もまさにギフテッドなんじゃない!?

 

イブリン

フランクとダイアンの母親。
ダイアンがメアリーを産んだ時に、出て行ったきりの状態だったがある日突然メアリーの元へ現れる。自分が叶えたかった夢を叶えるために、メアリーをもっと良い環境で育てて学校へ通わせたいと親権をかけて裁判を起こす。
演じたのはリンゼイ・ダンカン。私の大好きな映画、アバウト・タイムにも出ています!

 

ボニー

メアリーが入学した学校の担任の先生。
メアリーの才能にいち早く気づく。インターネットでメアリーの名前を検索したところ、母親が天才的な数学者だと気づき次第にフランクに興味を持つようになる。
演じたのはジェニー・スレイト。女優の他に、ズートピアやペットなどの声優もやっているみたいです。

 

ロバータ

フランクの家の近所のおばさん。
世話好きでメアリーとも仲良し。厳しいことも言うけれど、とってもいい人!歌も踊りも上手でメアリーにとって唯一の友達。
演じたのはオクタヴィア・スペンサー。最近見たことある顔だと思っていたら、ドリームに出演していた女優さんだった!ズートピアで声優もしていたみたい。

 

フレッド

フランクとメアリーと一緒に暮らしている、片目がない猫。
頭が良くて、鳥にも優しい子。メアリー曰く、”歴史上一番すごい猫”だそう。マイペースですごく可愛かった!
脚本家のトム・フリンと一緒に暮らしている猫ちゃんらしいです。

 

さっそく見た感想

いやぁー泣けた!!すごく良かったです!!子供と動物が出てくるのは絶対泣けるって!!もう反則ですって!!鼻水ずるずるしながら見ていましたよ😭
でもクスッと笑っちゃうシーンも結構あったりして面白かったですよー!とにかくメアリーがかわいい!!先生役のボニーも面白かった!笑

ギフテッドってなに?

ギフテッドとは、生まれつき平均より著しく高度な知的能力を持つ人、またはその能力のこと。ただし、すべての分野においてではなく、何か一つの分野に対して見られることが多いんだそう。メアリーは数学に対して天才的な能力を持っています。大学の教授ですらお手上げ状態だからびっくり!本当にこんな子供いるのか!?って思っちゃうくらい。笑

大人の都合で振り回される子供

このふてくされているメアリーがめっちゃ可愛いの😍

7歳のメアリーは、叔父であるフランクと一緒に暮らしています。なぜかというと、フランクの姉でメアリーの母親であるダイアンは、メアリーが生まれてすぐに訳あって亡くなってしまったからなんです。フランクはダイアンの遺志に従って普通に育てようと、普通の学校に入学させたり外で遊ばせたりしているんだけれど、ある日突然フランクの母親イブリンが現れるんですよね。メアリーにとってはおばあちゃんなんだけれど、生まれてから会ったこともない状態だったんですよ。

いきなり現れたかと思ったら、この子は天才だからもっといい学校に入れてもっと恵まれた環境で育てたほうがいい!私が親権を持つわ!と言い出すんですよ。

よくもまぁ、いきなり現れてこんなことが言えるな!!

イラっとしました。しかも、メアリーにMacBookをプレゼントしたり物で釣ろうとしていたりして本当にうざいー!!
もちろんフランクの意見と合うわけもなく、裁判を起こす状態になってしまいます。。
自分が叶えられなかった夢を子供に叶えてもらおうとする親っていますよね。実際にそんな感じで育て上げて有名になった人もいるけれど、子供の将来を勝手に決めているようなものだしただの親のエゴを押し付けているだけなんですよね。
イブリンも同じようなことを思っていて、どこからかメアリーが天才だと言うことを聞きつけて現れたってわけなんだけれど、結構お金持ちなもんだからあの手この手を使ってメアリーを奪おうとしてくるんですよ。
本当に大人の勝手な事情で子供が振り回されている状態でした。😤

何が幸せかって?子供を見ればわかる!

このシーンは本当に素敵!私も子供にこうしてあげたい!!

姉のダイアンの遺志に従って、メアリーに普通の生活をさせたいフランクなんだけれど、悩んだ末にある決断をするんですが、この決断がメアリーのために良かったのかどうか、そんなの一目瞭然なんですよね。メアリーの泣きながら言うセリフがすべてでした。メアリーにとってはフランクとフレッドと一緒に今まで暮らしてきた環境が一番なんですよね。そりゃあはたから見たらもっと綺麗な家に住まわせてあげたほうがいいって思う人もいるかもしれないけれど。いきなり現れたおばはんがパソコン買ってくれたって欲しかったピアノがある家に連れて行ってくれたって、子供には通用しないんです!

でも・・・子供にとって一番なことを考えることって、とても難しいことだなぁと思いました。私にはまだ子供がいないので、母親・父親の立場の人の考え方とは違うと思うけれど、子供がやりたいことをやらせるのがいいのか、でもそれってわがままになるんじゃないだろうか。。。と難しい選択だよなぁと思いましたね。

片目がないフレッドが意味すること

学校でこうこういうことをするってすごくいいと思うなぁ

 ちょこちょこっと登場してくるメアリーが可愛がっている猫のフレッド。
登場人物にも書いてありますが、片目がありません。メアリー曰く、ゴミ箱で拾った時にはすでに片目がない状態だったそうで、なぜないのかはわからないんだって。
それでもフレッドは、メアリーとフランクと一緒に幸せそうにのんびりと過ごしています。両目がある状態が普通だとすると、フレッドの状態は普通ではない状態ですよね。そしてメアリーも普通の子供とはちょっと違います。
それでも、”愛”があれば幸せなんだよっていうことを伝えてくれてるのかなぁって思いました。いろんなところにメッセージが込められている感じがして、とても素敵だったなぁ☆

 

おすすめ度は?

★★★★☆

笑って泣けて考えさせられて・・・とても素晴らしい作品でした!
子供を持つ親の立場の方達にも見ていただきたいし、私みたいにこれから母親になっていく人にも見てもらいたいですねー!
見に行った日、劇場の中には私以外みんな男性でした!って言っても4人だけど。笑
おじいちゃんから若い人までいて、全員が男だったことが意外でしたねー!

気になった人は是非見てみてね!

 

👋👋👋