光をくれた人【ネタバレ】感動作だけど賛否両論?

どうも、こんばんは!asamiです!

2018年になって初めてのブログ更新でございます。
こんなブログですが、今年もよろしくお願いいたします😗

2018年になったんですが今年初の映画館には行くことができていません😭😭😭

あちゃみ
早く見たいんですけどー。

 

え、誰ですか?笑

 

あちゃみ
あ、今日から出演させていただきます、my name is あちゃみ 〜。ないすとぅーみーとゆー。本音をバンバン言っちゃうからねぇ!!

 

あ、そうですか・・・。つーかあちゃみって!もっといい名前なかったのかよ。。まぁいいや。よろしくお願いします😅
・・・ってこういうの意外に恥ずかしいなw

てことで、やってみたかった吹き出しプラグインのspeech bubbleを導入しました!ただ、ampのページからだと吹き出しが表示されないみたいなので、崩れている人はWeb版に切り替えていただけたら嬉しいです。

今年のブログは新キャラを投入してやっていこうと思いますので、どうぞよろしくー!

 

今年の初ブログはレンタル映画のレビューでスタートでぇーす🤠

 

 

予告動画

 

 

あらすじ

 

第一次世界大戦後、灯台守となった元軍人のトム(マイケル・ファスベンダー)は妻のイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と一緒に灯台があるオーストラリアの西部の孤島で暮らしていた。2人はとても幸せに暮らし新しい命を授かるが二度も流産してしまう。悲しみに暮れる中、ある日海から漂流してくるボートを発見する。中には1人の男性と女の子の赤ん坊が乗っていたが父親らしき男性はすでに死亡していた。このことを知らせようとするトムに対し、イザベルは自分の子として育てたいと言い出す。

 

主な登場人物

トム

第一次世界大戦を経験した元軍人。戦争の残酷さで心が傷つき生きる意味さえ失っていたが、灯台守として訪れた土地で出会ったイザベルに心を救われる。全身全霊でイザベルを愛する姿はとても素敵で感動的!演じたのはマイケル・ファスベンダー。アカデミー賞助演男優賞などにノミネートされたことがある実力派俳優です!イケメン😍この映画がきっかけで、イザベル役のアリシアと結婚したんだって!素敵☺

 

イザベル

オーストラリア西部のバルタジョウズの町で暮らしている。この地に来たトムと出会い結婚。トムと共に灯台がある孤島で暮らすことになる。幸せに暮らしていたが、新しい命を授かるも二度も流産してしまう。演じたのはアリシア・ヴィキャンデル。過去にアカデミー賞助演女優賞を受賞した経験がある今注目の女優さん!私はジェイソン・ボーンで好きになりました😍

 

ハナ

イザベルと同じ町で暮らしている町一番のお金持ちの娘。孤島に漂流してきた船に乗っていた男性の妻であり赤ん坊の母親である。ドイツ人の夫とは敵国であることが原因で両親に反対されながら結婚したがとても幸せだった。沖に出たまま戻らなかった夫と赤ん坊を想い悲しみに暮れている。演じたのはレイチェル・ワイズ。個人的にはマイ・ブルーベリー・ナイツの時の彼女が印象に残っています!

 

 

どんな映画だった?(ネタバレ)

 

この映画の監督は、デレク・シアンフランス監督です。私の大好きな映画、「ブルー・バレンタイン」の監督なんですよー!

 

あちゃみ
それを知ったら見るしかないわーい!!

 

うんうん!ほんとそれ!
幸せとドン底の表現がなんとも言えない作品ですよね。
本作品も、まさに幸せとドン底が両方表現されているのでとても複雑な気持ちになりました。

 

赤ちゃんが欲しい気持ちはわかるが・・・

 

流れ着いた赤ちゃんを抱きかかえるイザベル

 

子供を二度も流産して絶望的だった2人の元に、ある日突然海から流れてきた赤ちゃん。罪だと思いながらも自分たちの子として育てていくのだけれど、数年後に赤ちゃんの実の母親に出会ってしまうというお話なので、見る人によって感じ方が変わるのではないかなと思いました。賛否両論あるみたいです。イザベルに対して批判的な感想を結構見かけましたねー。

まぁ、確かに、流れ着いた船の中に男の遺体があって赤ちゃんがいてってなったら、普通は町に知らせますよね。でもトムは、イザベルの願いを受け入れて赤ちゃんを育てることにしちゃうんですもん。近くに他の誰かがいたら、こんなことにはならなかったかもしれないけど、なんせ孤島ですからねぇ。。。トムはこの罪がバレてしまってからもイザベルをかばい罪を背負うことを決意するんですが、それに対して罪に問われなかったイザベルは子供を奪われたことがショックでトムを恨むんですよね。罪をかばっているトムに対してさすがにちょっとひどいよね・・・。

 

原題と光の意味

 

光の使い方がとても綺麗でした

 

原題はThe Light Between Oceans。直訳すると「2つの海の間にある灯台」となるらしいです。この灯台がある孤島、「ヤヌス島」。どんな島なのかなーと思って調べてみました。そしたらなんと!!存在しませんでした!この島はフィクションの島だったんですねー!

でも、「ヤヌス神」というローマ神話の出入り口と扉の神というのを見つけました!2つの顔を持つという神で、過去と未来の間に立つ神という意味もあるそうです。映画に出てくるヤヌス島も、「2つの海がぶつかり合う島」という設定になっているんですよね。

そして光。
光って照らされている部分は明るいけれど、照らされていない部分は暗い。人生も同じですよね。幸せな時もあれば悲しい時もある。映画の中では、登場人物みんなが幸せと悲しみ両方を体験しています。戦争で心が死んでしまったトム。戦争で兄を2人亡くし二度も流産して傷ついてしまったイザベル。夫と子供がいなくなってしまったハナ・・・。二つの顔を持つ島で起きる明暗、愛憎、生と死。なんだか神秘的ですよね。

 

赦しの映画

 

どんな思いだったんだろうと考えるととても胸が痛みます

 

この映画を見て、一番素晴らしいと思った言葉があります。

「ただ一度だけ赦せばいい」

この言葉は、ハナの夫であるフランクが言った言葉。フランクはドイツ人。敵国だったため、ドイツ人っていうだけで店を追い出されたりひどい目にあっていたんですよね。そんな中、ハナに出会い結婚をするのだけれど、ハナの両親の反対を押し切っての結婚でした。フランクはいつも嫌な思いをしているのに、なぜそんなに幸せそうなのか・・・?ハナがそれを聞いた時にフランクがその言葉を言ったんです。

人を恨む時って、常にそのことを考えていなければいけないから疲れてしまう。ただ一度だけ赦せばいいだけなんだ。

と。こんなことを簡単にできるわけがないですが、本当にその通りだと思ったよね。

そしてその言葉を聞いていたハナが、その言葉通りにトムとイザベルがしたことを赦すんですよね。普通に考えたら、そんなことできるわけないでしょ!と思ってしまいますが・・・。それでも、その言葉を聞いて自分もそうできるようになりたいなと思わせてくれたので、見てよかったなぁ 😀

キリスト教の罪の赦しのことを言っているのかなーと思った。

 

オススメ度は?

 

★★★★☆

 

この映画はラストがとても素晴らしいです。

過去にとても悲しいことがあったけれども、このラストを見ればとても温かい気持ちになれるはず。トムも、イザベルも、ハナも、フランクもみんな愛に溢れた素晴らしい人たちだったんだなと思いました。

 

赦すことって大切ですね。海のように大きな心を持てたらいいのになぁ。としみじみ思う私でした。笑

 

あちゃみ
私は地球並に広い心を持っているがね!!

 

あっそうですか、、、笑

 

ぜひこの映画を見て、心を浄化してください(*´∇`*)

 

では👋👋👋