映画 マザー!【ネタバレ】終始不快!理解不能!日本で公開中止になった問題作?

こんばんは! asamiです。

今回はこちらの作品のご紹介です!

 

 

予告動画

 

 

あらすじ

 

自然豊かで静かな場所に建つ一軒家。そこにはとある夫婦が静かに暮らしていた。夫(ハビエル・バルデム)は作家で新しい作品に励み、妻(ジェニファー・ローレンス)は家の補修をしていた。ある日、2人の家に見知らぬ人が訪れる。医者だというその男(エド・ハリス)は、民宿だと勘違いして来たと言うが、夫は彼をなぜか快く受け入れてしまう。夫の行動を不快に感じた妻であったが、すぐに出ていくだろうと我慢をすることに。しかし、次から次へと見知らぬ人たちが訪れるようになり、それを受け入れる夫に対して妻の我慢は限界に達してしまう。

 

主な登場人物

 

 

のどかな自然の中に暮らしている。夫の家が壊れていたので、綺麗に補修をする毎日を過ごしている。ある日、謎の訪問者が家を訪れてきたことがきっかけで、平凡な日々が一変してしまう。

演じたのはジェニファー・ローレンス。とっても美しかったし、彼女の迫真の演技に引き込まれました!

 

 

妻と一緒に2人で暮らしている。作家で新作を作ろうと執筆作業に励んでいる。ある日、謎の訪問者を快く受け入れたことがきっかけで、次から次へとやってくる訪問者のことも受け入れてしまう。妻の意見を聞き入れず、自分勝手な行動ばかりとっている。

演じたのはハビエル・バルデム。「ノーカントリー」にて気持ち悪い人を演じていた記憶がありますw

 

訪問者の男

 

ある日突然、夫婦の家にやってくる自称医者の謎の男。時々ひどく咳き込み、命は長くない模様。実は夫の熱狂的なファンだということがわかる。夫が受け入れたことで、家に居座ろうとする。

演じたのはエド・ハリス。「トゥルーマン・ショー」でゴールデングローブ賞・助演男優賞を受賞した経歴がある俳優さんです。

 

訪問者の女

 

謎の男が訪問した次の日に訪問してくる女。男の妻だということが判明する。人の家なのに自分の家のように過ごす勝手な人物である。なぜか夫の書斎に勝手に入ろうとしている。

演じたのはミシェル・ファイファー。最近では「オリエント急行殺人事件」に出演しています。

 

謎の訪問者の息子(長男と次男)

 

 

 

 

どんな映画だった?

 

「mother!」は2017年9月にアメリカで公開されたホラー映画です。ジャンル的にはホラーというか、ぶっちゃけどのジャンルに入るのかわからない作品ですw

監督はダーレン・アロノフスキー。ある意味いろんな話題作を手がけていますね。「ブラック・スワン」は結構好きでした!

 

 

2人が住んでいる家(楽園)

 

アメリカでは賛否両論で、好き嫌いがはっきり分かれる作品となったみたいです。特に観客からは酷評が多く、シネマスコアで最低評価を獲得するという事態にまでなりました。ただのホラー映画だと思って観に行ったら、訳のわからない内容だった、女性を差別している!などというコメントも寄せられたみたいですが、監督曰く「ある特定の人に向けて作った映画」だということです。

そんなことがあり、日本では今年の1月に公開予定だったんですが公開中止となりました。そして3月23日にTSUTAYAで先行レンタル開始されたので、早速借りてきたというわけです。

 

終始不快度100%

 

夫「いいじゃん、泊めてあげても」

 

この映画の簡単な流れはあらすじにも書いてありますが、自然豊かな場所で暮らしていた夫婦のもとに1人の男がやって来て、夫が快く泊めてしまうんです。それからその男の妻や2人の息子までもがやって来て、やがて家の中はめちゃくちゃになっていくんですよね。訪問者はそれで終わらず、最終的には何人かわからないくらいの数になっていきます。

彼らは作家である夫の”熱烈なファン”だというのですが、あまりにも身勝手すぎて終始イライラ不快です。ジェニファー・ローレンス演じる妻が夫の行動に理解できずにいる姿を見ると、自分の家に見知らぬ人たちが勝手に入って来たら・・・と置き換えて考えてしまい、すっごい不快になってしまいましたw

 

日本人には理解しがたい内容

 

夫「いいじゃん、みんなの家ってことで」

 

私はこの映画が日本で公開されないと知った時点でネタバレを見てしまったのですが、これは日本人には理解するのが難しい作品なんじゃないかと思いましたねー。宗教的な話が絡んでいるので、キリスト教を信仰している人にしかわからないのでは?

ネタバレを見たからといっても、キリスト教のお話はほとんど知らないので理解できないところが沢山ありました。。

ただ、理解できないところもあるんだけれど、家に勝手に押し寄せてくる人たちに対するイライラ感だけでもお楽しみくださいw ほんとイライラするからw
私、終始眉間にシワを寄せて観てたからねw

 

 

結局なんだったの???(完全ネタバレ)

 

妻「いい加減にしろバカ夫がぁぁぁ!!!」

 

おそらく日本人のほとんどが理解不能であろうこの映画。一体何が言いたいのだろうか?

この映画は、キリスト教やユダヤ教の旧約聖書の「創世記」の中の1章から11章までの内容を主に描いているのではないかと思われます。 映画を観た後、「創世記」を少し読んでみたんですが、映画の内容と照らし合わせると一致することが多かったです。

映画に出てくる登場人物を「創世記」で出てくるキャラクターに置き換えて、この映画をもう一度見ていこう!

 

夫・・・神・創造者

妻・・・マザー・アース(母なる大地)

訪問者の男・・・アダム

訪問者の女・・・イブ(エバ)

訪問者の長男・・・カイン

訪問者の次男・・・アベル

 

作家(創造者)である夫(神)は新作(楽園)を作ろうとしている。妻(マザー・アース)はその家(楽園)の手直しをしている。

ある日突然男(アダム)が訪問してくる。そして次の日には女(イブ)もやってくる。その2人は夫婦であり、人の家で性交渉をしたり、夫が入るなと禁じている部屋に入り大切なものを壊してしまう(アダムとイブが神に禁じられた果実を食べてしまう)。それを知った夫は怒り、2人を追い出そうとする(アダムとイブが神にエデンの園を追い出されてしまう)。

しばらくして、2人の息子(カインとアベル)がいきなり現れる。次男(アベル)はとてもいい人だったけれど、長男(カイン)はとても悪い人で、口論の末次男を殴り殺してしまう(人類最初の殺人の加害者・被害者)。

それでも夫は次から次へと訪問者(信者)を受け入れ、その人数はどんどん増えていく。妻には子供(イエス・キリスト)が生まれるが、夫が訪問者達に子供を公開したことで、子供は殺されて食べられてしまう(キリスト教徒が食べる聖体?)。

それを見た妻は、怒り狂い家に火をつけて全てを焼き尽くしてしまう(ノアの方舟の大洪水)。

生き残った夫と妻。夫はまたやり直そうと言い、妻の心臓をえぐり取ると、心臓はクリスタルのような石に変わり、焼き崩れた家がまた再生され、物語はまた繰り返される。

 

こんな感じなんだけど、結局は創造者である神が自分の思い描いた楽園にしようと作り上げているんだけど、思うようにいかなくなって全てを壊してまたやり直すっていうことの繰り返しなんです。

マザー・アースが地球だとすると、地球に人間がどんどん増えて争い事や自然破壊を繰り返すことで最終的に地球が滅亡する、そしてまた再生する・・・こう言うことにも考えられるのかなぁと思いましたね。人間ってどんなことでも結局災いを起こす原因なんだなぁ・・・。

 

オススメ度は?

 

いやぁ、すごく不快だったけど、物語の意味を知りながら観るとかなり衝撃的な話だなと思いました!個人的には好きです!

「創世記」を知っている人やキリスト教信者の人が観ると、どういう気持ちになるのかがちょっと気になりました。

かなり賛否両論になると思いますが、それだけの問題作でもあるので気になった人は観てみて感想を教えてくださいー😄

 

オススメ度は好みが分かれそうなので、3.0です!