イコライザー2【ネタバレあり感想】今度の敵はイコライザー!マッコールが強すぎるけど19秒はどこいった?

こんばんは、asamiです!

さて、今日は試写会で一足先に鑑賞させていただいた映画「イコライザー2」の感想を書いていきます。

19秒で世の悪を完全抹消する”仕事請負人”ロバート・マッコールが、タクシードライバーに職業を変えて4年ぶりに帰ってきた!

今度の敵はまさかのイコライザー!?

果たしてマッコールは、敵を完全抹消することができるのか!?

公開前ですが、ネタバレを含む項目がありますので、目次をご利用くださいね!

 

イコライザー2

 

予告動画

 

あらすじ

 

タクシードライバーのロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、元CIAエージェント。
夜になると19秒で悪人を抹消する仕事請負人として活動している。
CIA時代の旧友スーザン・プラマー(メリッサ・レオ)は、マッコールの裏の顔を知る唯一の人物。
マッコールをいつも気にかけて影ながら援助をしてくれていた。
ある日、ブリュッセルで起きた殺人事件の捜査を担当することになったスーザンは、事件の謎を知った直後に何者かに殺されてしまう。
唯一の理解者を亡くしたマッコールは、怒りと悲しみから犯人を抹消することを決意し極秘に捜査を開始するが、捜査を始めていくにつれて、マッコール自身も命を狙われるようになっていく。
そして、遂に敵の正体が明らかに。
敵はなんと、かつて一緒に特殊訓練を受けていたCIAエージェントだったのだ。

 

主な登場人物

 

ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)

 

元CIAエージェント。
昼間はタクシードライバー、夜は悪人を抹消する仕事請負人として静かに活動している。
旧友が殺されたことで、敵を抹消するために極秘捜査を開始する。

 

スーザン・プラマー(メリッサ・レオ)

 

マッコールの旧友で、CIAにいた時の上官。
影ながらマッコールを心配し、援助してくれている。
ある殺人事件の捜査を担当することになったことが原因で、何者かに殺されてしまう。

 

デイブ・ヨーク(ペドロ・パスカル)

 

CIAエージェント。
マッコールとは昔、同じ特殊訓練を受けていたチーム仲間。
スーザンと一緒に、ある殺人事件の捜査を担当することに。

 

マイルズ(アシュトン・サンダース)

 

マッコールと同じアパートに住む学生。
ひょんなことからマッコールと親しくなっていく。

 

 

観た感想とみどころ

 

あちゃみ
4年たってもマッコールの強さは変わらない!!

 

前作よりもスケールが大きくなって、マッコールの仕事人っぷりもグレードアップしたように感じました。

マッコールがとにかく強いw

敵がたくさん出てくるのに、マッコールが強すぎて敵があっさり倒されてしまう感じですw

でも、個人的には結構好きな話でした!

この雰囲気好きだなと思って調べたら、撮影監督が私の大好きなボーンシリーズ3部作を手がけた撮影監督でした!
そりゃ好きになるわな。

ただ、この映画は面白いって人と微妙って人にわかれる作品だと思います!

 

あらすじを読まない方が楽しめる

イコライザー2

 

私は映画を観る時、あらかじめあらすじを読んだり下調べ等はなるべくしないで観る派です。

今回も全くあらすじを読まずに鑑賞してきたんですが、それが大正解だったかも。

敵が登場した時に、おまえかよ!!ってビックリできたからですw

でも、今回公式サイトのあらすじを読んでみると、ストーリーのほとんどの内容が書かれているんじゃないかってくらいネタバレしてるんですよねー😅

公式サイトの予告動画だって、いくつかのパターンが公開されていて、”ボコる編”として敵と戦うシーンがほとんどチェックできちゃうからね・・・。

なんでここまでオープンにしてるんだ!?

ってことで、楽しさ半減してしまうので、公式サイトは見ない方がいいですよー!

 

前作が好きなら微妙かも・・・(ネタバレあり)

イコライザー2

 

「イコライザー」は、1984年から1989年にかけてアメリカで放送されていたテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」の劇場版として製作された映画です。
「ザ・シークレット・ハンター」は、新聞の広告を見て連絡してくる依頼人のために事件を解決するという内容ですが、「イコライザー」はオリジナルとなっています。

前作で印象的だったマッコールのこだわり。

ファンの人は、このマッコールのクセのすごさが好きっていう方多いんじゃないでしょうか😀

行きつけのダイナーでは必ずルーティーンがあって、店員さんがカップとお湯を持ってくると、白い紙に包んで持ってきた紅茶のティーバッグを入れてお湯を注いでもらう。
そして日々読書をしているマッコールは、持参した本の置く位置まで決めているから驚き。

とにかくクセがすごい。

敵を抹消するときは必ず、周囲の状況をチェックしてストップウォッチを押してから始めます。
自分の中で抹消するためにかかる時間を決めているんです。

なので、19秒で悪を裁くっていうキャッチコピーがついているんですよね。

あと、ホームセンター勤務だったこともあって、ホームセンターの売り物を使って敵を倒していくのもおもしろかったですよね!

まだ観てない人は、こちらで観ることができますよ!

でも、続編ではそのようなシーンがほとんどありません。

あっても最初の方かな。。

予告やらなにやらでやたらと19秒推ししてますが、ちょっと盛りすぎ。

だから、ただの殺し屋みたいになっていて、前作のマッコールのイメージとは変わってしまっているんです。

しかも、タクシードライバーという職業柄、乗ってきたお客さんの様子をチェックしているんだけど、お客さんの様子がおかしかっただけで、相手をボコりにいきますからね・・・。
そしてボコり方も度を超えているっていう・・・w

使う武器も銃が多いかな。ほんとただの殺し屋。

なので、前作のマッコールが好きだった人は、あまり好きになれないかもしれません。

 

嵐の中での復讐劇はみどころ(ネタバレあり)

イコライザー2

 

CIA時代からの旧友スーザンを殺した犯人が、自分と同じCIAで特殊訓練を受けてきた身近な人物だと知ったマッコールは、復讐を決意します。

マサチューセッツ州には数日前からハリケーンが接近してきていて、日に日に天気が悪くなっていくんですが、復讐当日には前も見えないくらいの大嵐になってしまいます。

そんな嵐の中での敵との対決は、なかなか見ごたえがありました。

マッコール vs 4人での対決なんだけど、マッコールは殺された人と同じ殺し方をしていくんですよー!

これにはテンション上がりましたねー!

でもマッコールがめちゃくちゃ強いので、苦労することなく倒せた感じでした。

かつては同じことをしていた仲間だったわけだから、能力は同じくらいあってもおかしくないと思うんだけど・・・マッコールがずば抜けて強いwww

まぁ、そこはご愛嬌ということでw

個人的には満足でした!

 

 

なぜかスッキリしない(ネタバレあり)

イコライザー2

 

スーザンを殺した犯人をやっつけて、はい終了!って感じで終わるんだけれど、犯人に指示を出している黒幕の姿が全く出てきません。

はじめに起きた殺人事件についても、なぜ殺されたのかわからないままだし、謎が多いまま終わってしまいます。

犯人曰く、”ただ指示されてやっただけのこと”だそうで。

黒幕の重要性がないのか、もしかしたら続編があるのか、そのどちらかだと思いました。

そして調べてみたとろ、監督は続編の製作に意欲があることを発表したということで、その黒幕については続編で登場するという流れになっていくんでしょうか?

このままだとスッキリしないので、是非とも続編を製作していただきたいです!

次は何に転職するんだろうwww

 

個人評価は?

 

個人的に、2のほうが好きです。

まぁ、1の良いところがなくなっちゃっているのは残念だけど。

容赦無く敵を抹消する裏の姿と、同じアパートの住人やタクシー利用者に優しさを見せる表の姿というギャップがすごくいい。

ぜひ、悪を成敗するマッコールを見て、ストレス発散してみてください。笑

 

あちゃみ
個人評価は3.7です!

CINEMA520の読者になる?

Matched Contentこちらの記事もオススメ

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • いごっそう612

    またまた試写会当たったんすね。いいなあ~。

    これ前作がめっちゃ面白かったッスよね。
    2はイマイチになりそう、と予測してましたが、面白いようで良かったです。

    まだまだ続編が出るんですね。
    人気シリーズになりそう~。

    10月 2, 2018 5:56 am
    • asami

      当たっちゃいました(^^)

      個人的には面白かったんですが、1が好きな人は「あれ?」ってなるかもしれません。

      続編出そうな流れみたいですよー!楽しみですね(^O^)

      10月 2, 2018 8:40 am

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!