友罪【感想】あなたの友達が元少年Aだったら、それでも友達でいられますか?

こんばんは、asmaiです。

 

今回は、公開を楽しみにしていたこちらの映画をご紹介!

 

 

予告動画

 

 

 

あらすじ

 

元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)はある町工場で働くことになった。益田と同じ日から働くことになった鈴木(瑛太)は、無口でどこか不気味な雰囲気を漂わせ、周りとの交流も避けていた。そんな状況だが、同じ寮で暮らすことになった2人は、少しずつ距離を縮めていく。ある日、児童殺人事件が起き犯人が捕まっていないというニュースが飛び込んでくる。その事件は、17年前に起きた事件に似ていることから、すでに出所している当時14歳だった犯人、少年Aではないかと噂される。インターネットで少年Aの検索をしていた益田は、鈴木とよく似た中学生の写真を発見してしまう。

 

主な登場人物

 

益田純一(生田斗真)

 

元週刊誌ジャーナリスト。仕事を辞めてとある町工場で働くことに。そこで同じ日に働くことになった鈴木と出会う。周囲と馴染もうとしない鈴木を気にしながら、17年前に犯してしまったある罪を悔やんでいた。そんな時、児童殺人事件がきっかけで、鈴木が元少年Aだということを知ってしまう。

 

 

鈴木秀人/青柳健太郎(瑛太)

 

益田と同じ工場で働いている。無口でどこか不気味であり周囲とも馴染もうとしないが、同じ寮で暮らすことになった益田に少しずつ心を開くようになる。しかし、実は鈴木は17年前に起きた連続児童殺傷事件で逮捕され出所した元少年A・青柳健太郎だったことが判明する。

 

 

瑛太の出演記事

 

 

藤沢美代子(夏帆)

 

元恋人の達也(忍成修吾)に無理やりAVに出演させられ、別れてからも付きまとわれている。達也に追いかけられているところで偶然鈴木に出会い助けてもらう。それからは、鈴木に好意を抱くようになっていくが、鈴木が元少年Aだと知り・・・

 

 

 

山内修司(佐藤浩市)

 

タクシー会社で働いているが、過去に息子が交通事故で子供を死なせてしまったため、罪を償うために家族はバラバラに。遺族の家に謝罪に行き続けている。そんな時、息子が結婚、そして相手は妊娠しているという話を聞き、愕然としてしまう。

 

 

 

白石弥生(富田靖子)

 

医療少年院で入所している少年たちの母親的な役割をしている。鈴木(青柳)のことを特別気にかけており、鈴木も心を開いている。少年院での仕事に力を入れるあまり、自分の家族を壊してしまう。

 

 

 

杉本清美(山本美月)

 

雑誌記者で益田の元恋人でもある。児童殺人事件を追っているが行き詰まり、益田に相談をしている。犯人は17年前の事件の犯人である元少年Aではないかとして調べているが、益田の友達が元少年Aだったと知り動き出す。

 

 

 

 

 

映画について

 

この映画は、過去に江戸川乱歩賞や吉川英治文学新人賞の受賞経験のある作家、薬丸岳氏の小説「友罪」が原作となっております。

 

 

その原作を映画化したのは、瀬々敬久監督。これまでの作品には、「感染列島」や「アントキノイノチ」、「64 -ロクヨン- 前編・後編」、「8年越しの花嫁」などがあり、「64 -ロクヨン- 前編」では第40回アカデミー賞最優秀監督賞を受賞しています。

 

 

「64 -ロクヨン-」は私も観ましたが、なかなか面白かったです!

今回の出演者には、瑛太、佐藤浩市、奥田瑛二と「64 -ロクヨン-」にも出演していた俳優さんが引き続き出演しているのもよかったですね!

 

観た感想

 

あちゃみ
とても考えさせられるテーマだったけど、いろんな登場人物の過去が出てきて時間内にうまくまとめられていなかったと思うなぁ。勿体無い・・・。

 

私はこういう重い内容の作品が大好物でございまして、観終わった後にしばらく余韻に浸るタイプなんですが、今回の作品は129分の上映時間でちょい長めだったんだけど、あっという間に観終わってしまったくらい集中して観ることができました!
ラストではよくわからないけど涙が流れている自分。隣にいた旦那さんがそれを見て、妻は泣いているのに自分は泣いていないことがショックで、自分はダメな人間なんじゃないかと思っていたそうですwww
って、いつも何観ても感動してないじゃんw

でも、小説を2時間にまとめるというのはやっぱり難しいのかもしれないですね。登場人物の過去や現在の表現が薄いというか、もう少し詳しく知りたかったなぁというのが率直な意見です。

以下、まとめていきます。

 

いろんな事件の”その後”をどう生きるか

 

 

この映画は、1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件をモチーフにしています。物語では17年前に起きた連続児童殺傷事件として出てきていました。犯行内容も同じような感じだったよ。大体の映画ってその事件についてを物語にすることが多いですが、この映画では事件のことを中心に描いているわけではありません。

 

「その事件が起きた後、人々はどう生きていくか」

 

を描いているのです。

そして、映画の中の”その事件”というのは17年前の連続児童殺傷事件だけではなく、登場人物が過去に”犯した事件”のことでもあるんです。それぞれの人物が、その事件が起きた後、今までどう生きてきたのか、そしてこれからどう生きていくのか、加害者側の目線で、元少年A・鈴木との出会いをきっかけに描かれていました。

 

 

 

 

益田と鈴木の友情関係

 

 

映画では、同じ職場で仲良くなった同僚が元少年Aだったという設定でしたが、時間上これにはちょっと無理がありましたねー。

職場で知り合った人とそこまで仲良くなれるかと言ったらなれないですし、なれても時間がかかりますよね。映画の中では、益田が起こすあることがきっかけで鈴木と仲良くなっていくのですが、それでもめちゃくちゃ仲良くなったわけでもないので、元少年Aだと知った益田の行動は現実的ではないなぁと思ってしまいました。
どう見ても薄っぺらい友情関係にしか見えなかったんですよね。それよりも、同じ寮に住んでいる先輩たちの反応の方が現実的だと思いました。
原作ではしっかり描かれているんだと思いますが、映画ではそこがちょっと残念でしたねー。

 

加害者の目線で見た時どう思うか

 

 

どこかで、被害者のことを何も考えていない最低映画だっていう感想を見ました。でも、この映画はあくまで加害者側の目線で描いているものなのでそれは仕方ないですよね。。

ってなわけで、物語は罪を犯した加害者や加害者の家族の目線で描かれているので、自分が加害者だったらどうするのか・・・とか考えながら観ていましたね。

そこで出てきた疑問。

 

加害者・加害者家族は普通の生活を送ってはいけないのか?

加害者・加害者家族は笑ってはいけないのか?

加害者・加害者家族は生きていたらいけないのか?

 

すっごい難しい・・・。

映画を観ているときは加害者の目線で観ているので、加害者だって人間なんだから普通の生活をしたっていいのではないか?って思う自分もいるのですが、現実的に考えると、同じことを言えるかというと言えないですよね・・。

実際に、ニュースで流れる事件の犯人に対して生きる資格ないとか思っているときもあります。被害者と同じことをされればいいとか刑務所から二度と出てくるなとかね。

でも、この映画の登場人物たちのように加害者であったりその家族であることを日常的に隠しながら生活している人もいる。そして、中にはその過去を受け入れてくれる人もいるんですよね。

人間は誰でも何らかの罪を犯して生きています。自分は罪の意識がなくても、知らず知らずのうちに相手を傷つけていたりね。相手が犯した罪が大きいからと言って自分が犯している罪を見て見ぬ振りしているかもしれません。受け入れることができる人っていうのは、どんな罪でも同じように重みがあるということを知っている人なのかもしれませんね。

そして許されない罪を犯した人は、その罪を一生背負っていかなければいけないということだと思います。すっごく考えさせられました。

 

個人評価

 

とても良かったですが、個人的には益田と鈴木の関係をもっと深く描いて欲しかったです。強いて言うなら、その2人だけのエピソードでいいんじゃないかなーってね。すごく惜しかったです。

それでもどう生きるかについて考えさられたので、観て良かったですよ!
出演者では瑛太と、寮の先輩を演じた奥田瑛二の人間らしい演技が特に良かった!瑛太は作業服がめっちゃ似合うから大好き😍笑

終始重い内容ですが、気になっている人はぜひ観てみてください!

あちゃみ
評価は3.8です!