ワンダー 君は太陽【ネタバレ感想】実話なの?感動のベストセラーがついに映画化!

こんにちは、asamiです。

 

突然ですが、私には4歳年下の妹が1人います。

妹は生まれつき、21番目の染色体に異常があって生まれてきました。
21トリソミー、いわゆるダウン症です。

ダウン症はみんな特殊な顔立ちのため、周りの人が妹を見てくることなんて日常茶飯事で、子供の頃はなんで見てくるのかとても傷つきました。
でも、考え方を変えたことで今ではあまり気にならなくなりました。

 

今日ご紹介する映画は、遺伝子の疾患で顔が変形して生まれてきた男の子が、周りの家族や友達をどんどん変えていくというワンダーなお話。

これは、私の物語でもありました。

 

 

ワンダー 君は太陽

 

ネタバレを含むので、気になる人はこちらの目次をクリックしてね!

 

予告動画

 

 

 

あらすじ

 

オーガスト(オギー)・プルマンは10歳の男の子。でも、見た目はみんなと違っていた。
遺伝子の疾患で顔の形が変形して生まれてきたのだ。
これまでに27回もの手術を受けてきたオギーは、学校にも一度も行ったことがなく自宅学習をしてきた。
オギーのママ・イザベルとパパ・ネートは、不安に思いながらもオギーを5年生の初日に学校へ行かせることを決意する。
夏休みの間に学校へ挨拶に行ったオギーは、ジャック・ウィル、ジュリアン、シャーロットの3人の生徒に学校を案内してもらうことに。
動揺して下を向いたまま話さないオギーに対し、ジュリアンは興味津々でオギーの顔のことを聞いてくる。それがとても嫌だった。

帰ってからも元気がないオギーに対しイザベルは、嫌なら行かなくてもいいと心配するが、オギーは学校へ行きたいと答えるのだった。

 

主な登場人物

 

オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)

 

10歳の男の子だが、遺伝子の疾患で生まれつき顔に障がいがある。
これまでに27回も手術をしてきたため、一度も学校に行ったことがないが、両親の決断で5年生の初日から学校に行くことになる。
スターウォーズが大好きで、宇宙飛行士になることが夢。

 

 

イザベル(ジュリア・ロバーツ)

 

オギーの母親。
オギーのために、絵本のイラストレーターや美術の先生になる夢を封印している。
落ち込んでいるオギーにいつも沢山の元気と優しさを注いでいる。

 

 

 

ネート(オーウェン・ウィルソン)

 

オギーの父親。
オギーとは男同士の友情があり、いつも冗談を言って周りを笑顔にしてくれる。
オギーを学校に行かせることをはじめは反対していた。

 

 

 

ヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)

 

オギーの姉。
いつも優しくてオギーを気遣ってくれている。
オギーと同じく高校の初登校だったが、数日前から連絡がとれなかった大親友のミランダが新しい友達を作っていたことにショックを受ける。

 

 

ジャック(ノア・ジュプ)

 

オギーと同じクラスの男の子。
学校の案内をした生徒の1人。
クラスのリーダーと同じグループにいるが、オギーのことが気になっている。

 

 

 

ミランダ(ダニエル・ローズ・ラッセル)

 

ヴィアの大親友で、オギーともとても仲良しである。
高校に入る数日前からヴィアと連絡を断ち、髪色を変え新しい友達と一緒に過ごし始める。
ヴィアのことを避けて行動しているが、それには訳があった。

 

 

 

 

 

映画について

 

「ワンダー 君は太陽」は、トリーチャー・コリンズ症候群という生まれつき顔に障がいがある10歳の男の子オギーが、初めて学校へ通うことがきっかけで、家族や友達、周囲の人たちに変化をもたらしていくというお話です。

 

トリーチャー・コリンズ症候群とは?

平均的に10,000人に1人の新生児に見られる遺伝子疾患。

日本国内では、50,000人に1人の割合で見られる。

下に垂れ下がった目、耳の変形、頬骨の不形成などが典型的な特徴である。

 

映画化を手掛けたのは、「ウォールフラワー」の脚本・監督や実写版「美女と野獣」の脚本を手掛けたスティーブン・チョボスキー監督です!

 

原作は、R.J.パラシオさんの「ワンダー」
もともとはアートディレクターや本のデザイナーをしていた彼女ですが、ある実体験がきっかけで作家デビューを果たしました。

「ワンダー」はデビュー作にして全世界で300万部も突破するというベストセラー作品となりました。すごいですね!

「ワンダー」のスピンオフ本として「もうひとつのワンダー」も出版されています。
こちらでは、オギーをいじめていたジュリアンをメインに描かれているようです。

この前本屋さんで立ち読みしてとても良かったので、私はこの2冊を買う予定でいます!

 

 

 

そして「ワンダー 君は太陽」は、その作品の素晴らしさから、文部科学省によって学校教育や社会教育で広く利用されることが認められ

 

文部科学省特別選定

 

に選ばれました!!

これを機に沢山の人に観てもらいたいですね!

 

観た感想

 

あちゃみ
とても素晴らしい作品です。
最初から最後までひたすら泣いていました。
隣にいたおっさん・・・ごめん・・・

 

中身はどこにでもいる10歳の男の子なのに、外見がみんなと違うことで辛い思いをしてきたオギーの勇気と優しさに、感動すること間違いなしです。

こういう場面に出会った時に、私たちはどうすればいいのか?を考えさせてくれるような様々な視点で描かれているので、大人から子供まで沢山の人が見るべき作品だと思いました!

 

ひたすら泣いていたので目がパンパンに腫れていたらしく、家に帰ったら旦那に「あれ?化粧変えた?」って言われましたwww

 

フィクションだけど、実体験がきっかけ!

 

ワンダー 君は太陽

誰でも自分と違うものを見た時、こういう態度を取ってしまうものですよね

 

 

「ワンダー 君は太陽」はフィクション映画です。

でも、原作者のR.J.パラシオさんが実際に体験したことがきっかけで作られています。

それは、パラシオさんが数年前に息子2人とアイスクリーム屋さんに出かけた時のこと。
隣のベンチに座っていた女の子の頭部の骨格に障がいがあったそうです。

それを見た下の子がビックリして泣き出してしまったため、パラシオさんは女の子を傷つけないようにとその場を急いで離れようとしました。
でも焦っていたので、上の子が持っていたシェイクをこぼして状況が悪化してしまったそうです。

その後、自分がとった行動や、相手の反応、そして子供たちにどうすべきだったのかを考えているときに、ラジオからナタリー・マーチャントさんの「Wonder」が流れてきたことで小説を書くことを決意したそうです。
小説を書くタイミングだ!と思ったそう。天から降りてきた的な感じですね!

実際に映画の中でも、アイスクリーム屋さんでの出来事が語られるシーンが含まれているのもよかった!

 

描かれているのはオギーだけじゃない(ネタバレあり)

 

ワンダー 君は太陽

オギーが心配なヴィア

 

「ワンダー 君は太陽」を観て、とても素晴らしいと思えたのが、オギー1人に焦点を当てて描かれていないというところ。

オギーに関わる家族や友達にも一人一人に焦点を当てているんです。

姉のヴィア、オギーのクラスメイトのジャック、ヴィアの大親友ミランダが、オギーと関わることでどんな気持ちになっているのかが痛いほど伝わってきました。

 

「彼はどうしてこんなことを言ってしまったのか?」

「彼女はどうしてこんな行動をとってしまったのか?」

 

人の言葉や行動って1つの面だけでは判断できないんだなって改めて思いました。

その言動を別の角度から見ることで、なんでそんなことをしたのかがわかってくるんですね。とても勉強になりました。

 

 

 

 

私が特に感情移入してしまったのが姉のヴィアです。

彼女はまさに私そのものでした。自分の映画か?と思ったくらいw

物事は常にオギーが中心で回っているから、大変な母親に心配かけないようにと甘えることができないところや、初対面の人に「兄弟は?」って聞かれて何て答えたらいいかわからない気持ち、痛いほどわかります。

言いたくない訳じゃない。ただ、言った後の相手の反応を見るのが怖いんです。

でも、相手からしたら障がいがある兄弟がいるなんて思ってもいない訳だから、悪気なんて全くないんですよね。

こういうのってすごく難しい。
家族のことじゃなくても、いろんなシーンで直面しますよね。

そういう場面に出会って、相手の気持ちを考えたり、いろんなことに気づいたりしながら学んでいかなければいけないってことですね!

 

勇気を出すこと、よく見ること(ネタバレあり)

 

ワンダー 君は太陽

みんな本当は勇気がないだけなのかもね

 

オギーは人の靴を見て家柄を当てることが得意です。

それはなぜか・・・?

オギーはいつも下を向いているからです。

自分の顔を人に見られたくないという思いから、人前では常に下を向いているんです。

でも、オギーが勇気を出して学校へ行って、勇気を出して行動したことによって人をどんどん変えていくんです。
私たちでさえ勇気を出すのって結構大変なのに、オギーはどれだけ頑張ったことか。本当に強いと思いますよ!

勇気を出したからって全てが良い方向に変わるとは限らないけど、今、勇気を出して行動しなければいけない人がいたら、ぜひ「ワンダー 君は太陽」を観てもらいたいですね。

そして、人は外見よりも中身をよく見ること、その大切さも教えてくれました。

みんながみんな自分に対して同じことを思っているわけじゃないってこと。

相手は勇気が出せないだけで、自分を助けたい、仲良くしたいって思ってくれているかもしれません。だから、決めつけてはいけないよね!

いじめや嫌なことがあって傷ついている状態では、なかなかそんな風に思えないかもしれないけど、自分は1人じゃないっていうことを心の片隅に置いておきたいです。

 

個人評価は?

 

個人的には現時点で今年一番です!

とにかく大人から子供までみんなに観てもらいたい!!

名言も沢山出てくるので、子供ができたら絶対に教えてあげたいと思える作品ですよー!

 

みなさん、ぜひ観てみてください!

 

あちゃみ
個人評価は4.6です!