ミスミソウ【ネタバレ感想】すごいから観て!家族を焼き殺された主人公の復讐劇が凄すぎる

こんばんは、asamiです。

今回ご紹介するのは、映画「ミスミソウ」です!

原作は漫画らしいですが、原作未読での鑑賞になります。

 

ミスミソウ

 

この記事にはネタバレを含む項目があります。
気になる方は、目次をご利用ください!

 

予告動画

 

あらすじ

 

親の都合で東京から田舎の学校に転校してきた野咲春花(山田杏奈)は、クラスメイトの小黒妙子(大谷凛香)を中心としたグループから壮絶ないじめを受けていた。
両親が心配して学校へ相談しに行っても、担任の先生は全く話を聞いてくれない状態。
そんな中でも、同じ転校生のクラスメイト相場晄(清水尋也)だけは春花の味方をしてくれていた。
ある日、相場と外出した帰り道に、自分の家が激しく燃えているのを発見する。
とっさに相場が家の中へ飛び込み妹だけ救出することができたが、全身大火傷で重傷を負ってしまう。
両親は死に祖父の元で暮らすことになった春花だったが、火事の真相を知った時、春花の心は復讐心へと変わっていくのであった。

 

主な登場人物

 

野咲春花(山田杏奈)

 

両親の都合で東京から田舎に引っ越してきた。
転校先の学校では壮絶ないじめを受けている。

 

相場晄(清水尋也)

 

春花のクラスメイト。
同じく転校生。
いじめられている春花のことを気にかけている。

 

小黒妙子(大谷凛香)

 

春花のクラスメイト。
春花をいじめるグループの中心人物。
口数は少なく、いじめに無関心のように見えるが・・・

 

佐山流美(大塚れな)

 

春花のクラスメイト。
いつも1人でいるが、春花が学校を休んでしまうと自分がいじめのターゲットになってしまうため怯えている。

 

南京子(森田亜紀)

 

 

春花のクラスの担任の先生。
春花がいじめられていても、問題を大きくしたくないという理由で知らないふりをしている。

 

野咲祥子(玉寄世奈)

 

春花の妹。
春花のことが大好きな優しい子。
火事で大怪我を負ってしまう。

 

 

作品について

 

「ミスミソウ」は、人気漫画家・押切蓮介氏の大ヒットホラー漫画、「ミスミソウ」が原作です。

キャッチコピーは「精神破壊(メンチサイド)ホラー」
ホラー漫画だけれど、幽霊や妖怪などは一切登場せず、人間による恐怖を描いた作品となっております。

監督は内藤瑛亮監督。
観たことはないけど名前だけ知っている「高速ばあば」などを手がけた監督さんです。

いじめがエスカレートしていき家にまで火をつけられてしまった主人公の春花が、雪の中からも綺麗な花を咲かせる”ミスミソウ”のように、強く美しく復讐していくというお話です。

ほとんど原作に忠実に作られているそうですが、一部の内容を変えているようです。

 

観た感想

 

あちゃみ
ザ・サイコパス!!!!

 

なんじゃこりゃ!!
復讐スイッチが入ってからの春花の暴走っぷりがハンパない・・・

でも、登場人物みんな狂っていてハンパない・・・

とにかくやりすぎ感がハンパないww

これ、漫画相当狂ってると思う。
読んでみたくなった😂

 

いじめが異常(ネタバレあり)

ミスミソウ

 

東京から田舎の学校へ転校してきた春花は、クラスメイトのとあるグループから壮絶ないじめを受けています。
春花が引っ越してきた所は子供が少ないので、クラスメイトは小さい頃からずっと一緒に過ごしてきたような感じなんですよ。
例えると、島の学校みたいな感じでみんなが幼馴染なの。

そこへ都会から転校生が1人入ってきたら、間違いなく部外者扱いになるよね・・・。
最初はそんなことなかったんだろうけど、ある出来事がきっかけで小黒妙子のグループに目をつけられてしまうんです。

そのグループの子たちのいじめっていうのがすごい悪質でね・・・

1人の子は、画鋲を持ち歩いていて平気で刺してくるんですよ・・・。
蹴り飛ばして泥まみれにするのなんて準備運動って感じです。
このグループの他に男子グループも混ざってくるんだけど、その中の1人はボウガンで射止めたカラスを春花の机に入れたりするし・・・。

とにかく酷すぎて、私冒頭で泣いてしまいました😅

 

登場人物みんな異常(ネタバレあり)

ミスミソウ

 

とにかくみんな狂っていますw

お前もかよ!っていう人まで狂っていますw
でも、一人一人あまり細かく表現されていなかったんだけど、狂ってしまうのにもちゃんと理由があります。
その子の家庭環境だったり、過去のトラウマだったり、春花に関してはいじめがきっかけだったり・・・。

原作者は、“普通の人間が創り出す恐怖”を描いているということで、何かがきっかけで歪んでしまう人間の心を表現しているんでしょうね。

あと、みんな誰かに執着しているんですよ。
こっちを見てほしくていじめをしていたり、大切な人を手放さないようにするために暴力を振ったり・・・愛と僧が入り混じっているんですね。

やりすぎ感がハンパなかったので、ちょっとリアルさには欠けるんだけど、サイコパスとかってこんな感じで生まれるのかもなぁと思うとちょっと怖いですよ。

春花が学校を休むようになってから、いじめの標的が佐山流美になってしまったんですが、妙子に髪の毛をめちゃくちゃに切られてしまうんですよ。
で、その髪型のまま家に帰っているんだけど、流美の母親は髪型について全くふれないんですよw

ここ、一番ツッコミたかった!!!😂

何かあったらお母さんが味方だからとか言っちゃってるんだけど、気づかない母親も狂ってる証拠だよね。

 

 

復讐シーンは残虐だけど美しい

ミスミソウ

 

いじめが酷すぎて学校を休むようになった春花ですが、春花が留守中に家に火をつけられてしまいます。
両親は亡くなり、妹は助かるものの全身火傷の重傷を負ってしまいました。

そこから春花の復讐スイッチがONになるわけですが、もうとにかく残虐・・・。

血が大量に飛び散りますよー。
目も潰れちゃうし、指もスパッといっちゃうし、一人はミンチになっちゃうし、監督さん力入れたんだろうなぁっていうくらい見せ方が残虐です。

でもなんだろう・・・それまでのいじめが酷すぎたせいか、春花を応援したくなっちゃうんです。
もっとやってやれ!って。
だって、家に火までつけられて両親殺されているんですもん・・・。

復讐シーンは結構グロくて痛そうなんですが、色の使い方がとてもキレイでした。

真っ白な雪の中に、真っ赤なコートを着た春花が、真っ赤な血しぶきをあげながら殺していくシーン。
白の中の赤がとても美しく見えました。

最後の復讐相手は一体誰なのか、そして春花は復讐を成し遂げることができるのか・・・

続きはレンタルして観てみてください😌

 

個人評価は?

 

とにかく狂っていて、苦笑いしてしまうような感じでした😅

復讐シーンは観ていて爽快感があるかもしれません。

個人的には思っていたのと違っていたので、そこまで心に残らなかったかなー。
逆に原作漫画を読んでみたいw

100%好き嫌いわかれる作品です。
グロいの無理な人は気をつけて!

あちゃみ
個人評価は3.4です!

CINEMA520の読者になる?

Matched Contentこちらの記事もオススメ

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • いごっそう612

    めっちゃ面白そうじゃないっスか!?
    グロ系もOK何で借りてみようかな?それともNetflix配信まで待つべきか…
    うーん迷う!でも絶対観ますよ!

    10月 12, 2018 8:21 pm
    • asami

      結構グロくて、とにかく狂ってます。笑
      ぜひ観ていただきたいですねー!
      笑っちゃうくらいみんなおかしいですよ(・Д・)

      10月 12, 2018 9:53 pm
  • Kamoko

    本屋に勤めていた時に、原作をパラパラと最後まで見てしまいました(^^;)
    映画は見てません。
    原作者の絵がキツめなんで、見た目がグロいんですよね。
    映画はかわいい子たちが出てるから、そうでもないかも??
    そんなに鬼畜ばかり集まるだろうか?とギモンですが、スリラーとしては面白いですね。

    10月 12, 2018 10:13 pm
    • asami

      原作の絵、かなりキツイですよね(;゜0゜)
      ネットでちらっと見ましたが、復讐シーンの描写がかなりヤバかったです。。

      出演者たちは可愛い感じなんですが、グロさがすごかったですよー!
      実写だと復讐シーンはすごいんですが、もっとそれぞれのキャラクターの闇の部分が詳しく知りたかったですね。

      10月 12, 2018 10:51 pm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!